<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年会費無料のクレジットカード | main | 自動車保険の見積もり >>

NANAO(EIZO)のはなし

0
    コンピューターの場合、どの分野にも定番商品・ブランド品てものがあるんですね。
    プリンターだったらEPSON、マウスだったらロジクール、DVDドライブだったらパイオニアかNECといった具合です。
    こういうブランド品、価格は少々高いですし、場合によってはカタログデータで見劣りがしたりもします。
    しかし、いくらカタログ上の性能が高くて、魅力的な価格がついていても、実際買ってみたらがっかり‥‥‥では意味ないですよね。
    「ちょっと高かったけど、買ってよかったな。(^^ )」と思えるのが、そういうブランド品です。
    ディスプレイの場合、それはナナオ(EIZO)です。
    石川県で生まれたこの会社は、世界的に有名なディスプレイメーカーです。
    ナナオの何が良いかと言うと、まず目が疲れないです。
    私は以前コンピューター会社に勤めていたとき、客の買ったパソコンで長時間データ入力をすることがありました。
    予算の無い客が、M菱などの安いディスプレイを買ったときは、翌日車を運転していてセンターラインが二重に見えるくらい、目が疲れたものです。
    パソコンのことを知っている客は「ディスプレイっていうのは一番お金をかけなきゃいけないものらしいですね」と言って、NECや富士通のものを買うのですが、そういうディスプレイでデータを入れているときは、やっぱり見やすく、「名の通ったメーカー品は良いな」と思いました。
    けど、家に帰って自分のナナオを見れば、「やっぱりNECよりナナオの方が上だな」と嬉しく思ったのを覚えています。
    2〜3万円の価格差はありますが、安いディスプレイを買って目が悪くなり、眼鏡を買わなきゃいけないとなったら、それくらいのお金を出さないといけませんし、ディスプレイは高くとも良いものを買ったほうが、結局得だと思います。
    「ちょっと良いモノを買いたい」という人にお勧めのモデルは、19インチ1280x1024ピクセルの、FlexScan S1910-Riconシリーズですね。
    EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」での価格は、79,800円です。
    もう少し大きいのが良い人は、21.1インチワイド1680x1050ピクセルのFlexScan S2110Wicon(99,750円)なんかがお勧めです。
    金に糸目をつけない人は、24.1インチワイド1920x1200のFlexScan S2410Wiconが良いでしょうね。
    直販価格は158,000円、このモデルは一般店でも取り扱っていて、前に紹介したPC-Successでの価格は144,068円です。
    mienotaki * コンピューター * 16:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ